この記事は約 26 33 秒で読めます。

この記事は約 9 35 秒で読めます。

頑張らないといけないダイエットはもう嫌っ

「1日も早くスリムな美ボディになりたい!」

毎日一生懸命ダイエットに頑張っているのに、なかなか痩せられないと悩む女子も多いですね。

そもそもダイエットするのに、一生懸命頑張る必要があるのでしょうか?

無理な食事制限や激しい運動で頑張る人よりも、頑張らなくて自然体でいる人のほうが、ダイエットに成功しているものです。

頑張らないといけないダイエットはもう嫌!
頑張らなくても自然に痩せられるダイエット法があれば知りたい!

そんなあなたに頑張らないダイエットで痩せる方法をご紹介していきたいと思います!✨

頑張らないダイエットとは一体

そもそも頑張らないダイエットとは、どのような方法のことを指しているのでしょうか?

これまでにいろんなダイエット法が流行しては、いつのまにかブームが過ぎてしまいましたね。

朝バナナダイエットや夜トマトダイエット、りんごダイエットなど、毎日同じ食材を摂取するダイエットだと飽きてしまい、長続きするのは難しい。

ダイエットは長期間続けないと思うような効果が期待できないので、無理なく長く続けられる方法や、長く続けても飽きないダイエット法を探すのがポイント!

頑張らないとは無理をしないこと

「ダイエットは一生懸命頑張れば良い結果が出せるものではない。むしろ頑張らないほうがうまくいく」とも言われています。



「ダイエットを頑張らない」とは、これまで続けていたダイエットをさぼるという意味ではなく、カラダにも精神的にも負担をかけないように、無理なく続けることを言います。

ダイエットを毎日頑張って続けている人もいますが、自然に痩せやすい体質を作るためには、長い時間を要することもあります。

短期間で結果を出そうとするのではなく、地道にコツコツ続けることが大切ですね。

でも、体調が悪い日や気分が乗らない日は、少し休んでみて気分転換をすることも必要です。

食事は朝・昼・夜食べる

3食きっちり食べているという人は現代では少ないのかもしれません。

  • 仕事や家事で疲れてしまい、朝ごはんは食べれない。
  • 夜ご飯は太ってしまうから食べたくない。
  • 少しでも太ってしまうかも?と感じてしまうとわたし達女性は食べるということを拒否してしまいます。

    しかし、その3食食べないという生活スタイルが太ってしまう原因に繋がってくるということをあなたはご存知でしたか?

    食べない=痩せるではないということを知るだけでも頑張らないダイエットの成功の秘訣になってくると考えられます!

    時間がきたらしっかり食べる

    あなたは食事の時間を考えて食べるようにしていますか?

    実は「3食時間どおりに食べる」ということが頑張らないダイエットの基本にもなってくるのです。

    思い出してみてください。
    学生の頃は、朝ごはんを食べ、給食やお弁当を時間になったら食べ、しっかりとカラダを動かして家に帰って夜ご飯を食べる。

    学生は部活や体育などでたくさんカラダを動かしているので、完全に空腹の状態でご飯を食べることができます。

    社会人も毎日忙しく働いています。特に営業の人たちなんかは、必死に外を歩きまわって仕事をしていますよね?

    しかし、わたし達はいつでもどこでも食事を食べたり、コンビニでお菓子を買って小腹を満たしたりと、胃の中がからっぽになる前にどんどん食べのもをカラダの中に入れてしまいます。

    間食などに至ってはもはや空腹でない状態が多いのではないでしょうか?

    お友達と、会社の人と喫茶店に行きコーヒーを飲みながらケーキなんてよくある光景ですよね。

    わたし達社会人の盲点は

  • ストレス解消食べ
  • 付き合い食べ
  • もったいない食べ
  • が多いんですね。

    これらをなくし、完全に空腹になった状態で食事をすると、体重がほとんど増えない体質に変化していくのです。

    太らない人はお腹が空かないと食べない

    結論から言います。

    太らない人は体質ではなく、お腹が空いていないから食べないと言う生活スタイルを続けているからなんです!

    旅行など行くと名産物をここぞとばかりに食べてしまう人がほとんどだと思います。
    当然ですよね。

    だってもったいないんですもんっ!!!

    しかし、その「もったいない」が太ってしまう原因になってしまうのです…。

    これって当然といえば当然のことですよね?つまりは頑張らないダイエット。

    「お腹すいたなっ」と感じるのは前に食べた食べ物のエネルギーをしっかり使い果たした証拠。
    新しい食べ物をカラダに取り入れるサインになるのです。

    このサインを感じる前に、「もったいないから」「せっかくだから」という感覚で食べてしまうと消費されていないエネルギーが余ってしまい、カラダに無駄な脂肪としてついてしまいます。

    食べるということは人間にとって最高の幸福。

    しかし、前に取り入れたエネルギーを消費する前に別のエネルギーを蓄えることであなたのカラダにどんどん蓄積されていくということをしっかりと覚えておいてくださいね!

    体重計に毎日乗ることは必要?

    あなたはダイエットをしている時、体重計に毎日乗っていますか?

    体重計に乗ることは悪いことではありません!

    「痩せた!」や「太った…」というカラダの変化をしっかりと把握することができる方法ですから。

    自分の今の現状を知っておくことで、よりダイエットを頑張ろうと思うことができると思います。

    しかし、ダイエット中はどうしても「停滞期」という時期が出てきてしまいます。

    しかも女性のカラダは月に1回生理がくるので、生理前1週間は体重が増えたりむくみやすかったりしてしまいます。

    せっかく頑張って痩せたのに痩せなくなったり体重が増えてしまったりしては、痩せようという決意を揺るがされてしまいますよね。

    そこで!体重計の数字に一喜一憂するのはやめて痩せた時のイメージをしてみましょう!

    一喜一憂は❌イメージ力を高めよう!

    イメージ力を高めるというと少し難しいような気がしますが、誰にでもできる簡単な方法なんですよ。

    未来の夢を現実化させるために潜在意識に働きかける方法、イメージングは、「こうなりたい!」という自分を具体化していく、ダイエットでよく使用される方法になります。

    どんなスタイルになりたいかなどを具体的にビジュアル化することでその効果は発揮するのです。

  • 健康的にスリムになりたい
  • 痩せたらこんな洋服を着たい
  • こんなことをしてみたい
  • など、具体的に考えることで楽しくダイエットを続けることができ、体重に一喜一憂することもなくなります。

    良くも悪くも人間のカラダは日々変化していきます。

    その変化に捕らわれていたらストレスを感じてしまったら痩せるどころか、ダイエットを続けることができなくなってしまいます。

    もしあなたが今停滞期に突入しているのであれば、1週間くらい体重計に乗らないで、痩せた自分をイメージしてみるのもいいかもしれませんね。

    落ち着いたらまた体重計に乗り、今の状況を把握しておきましょう!

    話題の頑張らない脳ダイエットってなに?

    あなたは今の体型に満足していますか?

    もし満足していないというのであればそれはどうしてですか?

  • もっとお腹にくびれが欲しい
  • 太ももを細くしたい
  • 標準体型だけどモデルみたいにスリムになりたい
  • どんな服装でも似合うスタイルになりたい
  • 痩せたい!という理由は人それぞれ変わってくると思います。

    脳ダイエットは「体重を減らしたい」「これ以上太らないで今の体型を維持したい」という人たちにおすすめの方法になっています。

    まず健康的にスリムな体型を目指すのであればあなたの標準体重を知っておく必要がありますね!

    あなたの体型はどのくらい?

    標準体重とはBMI18.5~25未満までの範囲内の体重のことを指します。

    BMIは体重を身長で2回割る必要があります。

    例えば身長165センチで体重50キロの女性ならば、

    50kg÷163m÷163m≒18.82
    と、なります。

    テレビや雑誌で見かけるモデルさんはスレンダーな人が多いですよね。

    予想ですが、モデルさんのBMIは標準体重以下

    そのようなモデルさんに憧れて一生懸命ダイエットをするのはカラダに負担をかけてしまうのです。

    無茶な食事制限は拒食症や過食症の原因にもなり、ココロもカラダも病んでしまうので大変危険な行動です。
    それだけではなく、不妊や未熟児出産の大きなリスクにも繋がってしまいます。

    知っておいてほしいのは骨格の違いによって魅力的に見える体型が変わるということ。

    骨格が生まれつき細い人がモデルのようなスタイルを目指すと魅力的とは程遠いようなガリガリの体型になってしまいます。
    BMIが21の人でも胸が大きく健康的なスタイルであれば魅力的に見えるのです。

    骨格は人それぞれ違い、魅力的に見えるスタイルもそれぞれ変わってくるのでBMIは18.5~25未満と幅広く設定されているのです。

    確かにモデルさんのようなスタイルに憧れる女性は多いのですが、それに惑わされずにあなたが一番魅力的に見えるスタイルを目指すようにしてくださいね!

    脳ダイエットの基本❶:お腹が完全に空いて食べる

    先ほど説明したように、お腹が完全に空いてから食べる。ということを心がけるようにして見てください。

    健康的でスリムな体型を維持している人は、「お腹がすっきりと空いてから」しか食べることをしません。

    お腹が空くということは、前に食べたものが全てなくなったというサイン。

    全てなくなってから次の食事をすることで、スリムな体型を維持することができるのです!

    前に食べたものを消化する前に次のものを食べてしまうと、消化しきれなかったものが余分な脂肪になり、カラダに蓄積されてってしまいます。

    お腹がすっきりするサイン

    お腹がすっきりとするってどんな感じ?

    わたし達は普段究極にお腹が空いた状態なんて味わいませんよね。

    本当のお腹が空いたというのはこんな感じです!↓↓

  • お腹がぐ〜〜っとなるほど徹底的に空いてるのがわかる感じ
  • 目の前にある食べ物が全て美味しそうに見えて「なんでもいいから食べたい!」と思う感じ
  • このような感覚を味わってこそ、本当にお腹が空いたと言えるのです。

    これを読んだあなたは、今後、完全にお腹が空いてから食事をすることを心がけられると思いますよ^^

    脳ダイエットの基本❷:腹八分目でストップ!

    腹八分ダイエットって今でもよくあるダイエット方法です。
    これはダイエットの基本中の基本。

    突然ですが、あなたに質問です。
    あなたはダイエット中、腹八分ができていますか?

  • 残すともったいない
  • 作ってくれた人に悪い
  • お腹いっぱいだけどデザートを食べたい…!
  • このような考えを持っている人は本当にお腹がいっぱいになるまで食べてしまう人が多いんです。

    そしてこのような食べ方を続けていると脳が「お腹がいっぱいになるまで食べないといけない」という指令を出し、クセになってしまうのです。

    健康的にスリムな人は毎食腹八分?

    よく外食をしているあの人、でも全く太っているイメージがないのはなぜ??

    それは腹八分目で食事を終わらせることができているからなんです。

    健康的にスリムな人の満腹ラインと、たくさん食べてしまう人の満腹ラインは全く異なり、健康的にスリムな人は「空服じゃなくなった。程よく胃が満足した。」というのを満腹のラインにしています。

    「もう食べられない!」「お腹がパンパン!」というのをラインにしているのではないのです。

    腹八分目で押さえておくことで、カラダも動かしやすくなり、1日3食、きちんとリズムよくお腹が空いてくるようになってきます。

    次の食事からいつもよりも3分ほど早くお箸を置いてみましょう。
    食べ終わった直後は少し物足りない感じがあるかもしれません。でも大丈夫!

    食べたものが消化されると血糖値が上がります。
    血糖値が上がることで満腹感を感じることができるのですが、その時間は食べ初めてから15分〜20分と言われています。

    つまり、一口目に食べたものは15分〜20分後に。
    「ごちそうさま」の直前に食べたものはその15分〜20分後に満腹感を味わうことができるのです。

    食事の後にデザートを食べたい!という人は、デザートを含めた腹八分目を目指すように心がけましょう⭐️

    脳ダイエットの基本❸:栄養をしっかり考える

    ダイエットの基本といえばやはり栄養バランスですよね!

    健康的で無理なくダイエットをするためには食事の栄養バランスにも気を使う必要があります。

    そして食べる順番にも気を使わないといけません。

    よく言われているのが「緑→赤→黄」の順番で食べるのがダイエットに効果的ということ。

    緑・赤・黄の食材はなに?

    小学生の頃家庭科で習ったと思いますが、大人になると意外と忘れてしまっている人が多いのです。

    ざっくりいうと

  • 緑のグループ:ビタミン・ミネラル
  • 赤のグループ:タンパク質
  • 黄のグループ:炭水化物と脂肪
  • 下記にはそれぞれのグループについてもう少し詳しく説明しています。

    健康にもダイエットにも必要な知識なので、しっかり覚え直してみてくださいね!

    緑のグループ:カラダの調子を整える、ビタミンやミネラルが含まれている食品

  • 野菜(芋類・とうもろこし・かぼちゃはダイエットでは黄色グループ)
  • 海藻、果物(果糖が含まれているので黄色のグループの働きもある)
  • ネギ・にんじん・玉ねぎ・ほうれん草・ブロッコリー・大根・きゅうり・いちご・オレンジ・バナナ・しいたけ・えのきだけ・わかめ etc…

    緑のグループの食品には、「ビタミン・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカルなどの物質」が多く含まれています。

    ビタミンやミネラルは黄グループや赤グループの栄養を活かしてカラダを動かすためのエネルギーや体組織を作り出すのに必要な成分です。

    車に例えるならばまさにエンジンオイル!

    野菜を食べているから栄養も美容も完璧!と思っている人が多いのですが、実は野菜は赤グループや黄グループと一緒に食べないと意味がないんです。

    全てをバランスよく食べることで野菜のチカラを最大限に発揮することができるのです。

    赤のグループ:カラダの組織となるタンパク質が含まれている食品

  • 肉類(赤身 肉の脂身は黄グループ)
  • 魚、練り製品(かまぼこ・さつま揚げ・はんぺん)
  • 卵、大豆製品(豆腐・豆乳・大豆・枝豆・油揚げ)
  • チーズ、ヨーグルト、牛乳など乳製品(脂肪分や糖質が高いと黄グループ 生クリームやバターは黄グループ)
  • 赤身肉・魚・かまぼこ・はんぺん・大豆・豆乳・卵・豆腐・枝豆・チーズ・ヨーグルト・牛乳

    赤グループの食品は「筋肉・皮膚・臓器・血液・骨・髪の毛・ホルモン・神経」など、カラダの重要な組織のもととなる栄養素やアミノ酸が含まれています。

    人間のカラダを構成するにあたり、20種類のアミノ酸が必要と言われています。

    そのうちの9種類は必須アミノ酸と言われており、体内ではつくることができず、食品からしか補うことができないのです。

    ダイエットにも健康にもタンパク質は絶対に必要な栄養

    車に例えるならば、車体を構成する部品全ての役割を果たしています!

    黄のグループ:カラダを動かすためのエネルギーになる食品

  • 米・小麦粉(パン・麺・パスタ)
  • お菓子・ジュース類に含まれる糖質(砂糖・ブドウ糖・果糖)
  • 肉の脂身などの油脂(バター・ラード・オリーブオイル・生クリーム)
  • アルコール類(日本酒・果実酒・チューハイ・ワイン)
  • さつまいも・ジャガイモ・とうもろこし・おにぎり・パン・パスタ・お菓子・バター・オリーブオイル・生クリーム・甘いジュース・果実酒・日本酒・ワイン

    黄グループはわたし達のカラダを動かすエネルギーとなります。

    筋肉はもちろんのこと、内臓や体温、脳の思考などにも必要な栄養なのです。

    油脂類はエネルギー以外にも細胞やホルモンの合成としても働いてくれます。

    車に例えるならば、ガソリンの役割!

    全てのパーツを動かすための大切な役割です。

    糖質制限ダイエットをしてるという女性は多いようですが、ほどほどにしておかないと、活動力や思考力にも影響が出てきてしまいます。

    しかし食べすぎも体に脂肪がついてしまうので程よく、全ての食材をまんべんなく食べるようにしましょう。

    さて、これまで紹介した脳ダイエットの基本❶❷❸をしっかりと守っていればちょっとやそっとのきっかけでリバウンドは起こりにくくなるのです。

    なぜなら、カラダがその習慣を基本としているから。

    緑・赤・黄の食品を満遍なく食べることで、健康、ダイエット、美容を維持することができるでしょう。

    太らないための食べる順番について

    食事をする際、食べる順番も考えなくてはなりません。

    ダイエット中に限らず、健康面に関しても
    緑→赤→黄
    の順番で食べるように心がけましょう。

    なぜこの順番が良いのか、それは、緑グループと赤グループの食材を先に食べることによって黄グループが原因で起こる、急激な血糖値の上昇を防いでくれるからです。

    黄グループの食品はもっとも太る食品と言われています。

    しかし、先に緑と赤のグループを食べておくことで、黄グループの食べすぎを防いでくれるのです。

    ダイエットって難しい!そう思ってしまうのはなぜ?

    ダイエットを難しいと感じてしまう…。

    そう感じてしまう女性は多いようですが、あなたはどうですか?

    これまでダイエットに挑戦しても失敗してしまった、痩せたけどリバウンドをしてしまった。

    そんな経験をした人は多いと思います。

    では、なぜダイエットを難しいと思ってしまうのでしょうか?

    人によってその理由は様々あるようなのですが、わたしが考える理由をご紹介したいと思いますっ^^

    もし、あなたが今ダイエットに苦戦しているならばぜひ、参考にしてみてくださいね。

    女性ホルモンの分泌の低下

    女性ホルモンの分泌とダイエット、関係がないと思われがちなのですが実は深い関係性があるのです。

    よく過剰なダイエットをしてしまうと生理が遅れたり、不妊のリスクが高まってしまうと言われています。

    それはダイエットの影響で女性ホルモンのバランスが崩れてしまうという考え方。

    しかし女性ホルモンの分泌をしっかりと整えればダイエットも成功しやすいのではないかという考え方もあるのです。

    女性のスタイルを支えてくれるエストロゲン

    女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンが存在します。

    エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれており、わたし達女性のカラダを美しく保ってくれる役割を果たしてくれるのです。

    エストロゲンの分泌が活発になるのは、生理が終わったあと。

    分泌が活発になることで肌・髪の毛・代謝に働きかけ、キレイをサポートしてくれます。

    エストロゲンの分泌が活発な生理後がダイエットのチャンス!

    女性がダイエットに最適な時期は生理が終わるタイミングと言われています。

    この時期に分泌量が増えるエストロゲンは内臓脂肪を分解してくれるだけではなく、代謝アップの効果も期待できるのです。

    しかし、残念なことに女性ホルモンは20代後半から減少していってしまうのです。

    女性ホルモンが減少してしまうと女性のカラダは下り坂に。
    そうなると妊娠・出産にも大きく影響が出てきてしまうのです。

    エストロゲンはわたし達のカラダを支えてくれる大切なホルモン。

    そのホルモンの減少を少しでも抑えるためにも、無理なダイエットは禁止⚠️

    過剰な食事制限やストレスはエストロゲンの分泌量を低下させてしまう原因となリます。

    エストロゲンの分泌が低下してしまうと脂肪を分解する力が弱まり、より、ダイエットが成功しにくい状況になってしまいます。

    あなたのホルモンのサイクルをしっかりと把握し、無理のないダイエットを心がけるようにしましょうね。

    無理なダイエットは❌太りやすいカラダになる原因に

    単品ダイエットはリバウンドしやすくなる?

    単品ダイエットをしている!という女性は多いようです。

    しかし、この単品ダイエットには思わぬ落とし穴が隠されていました…。

    単品ダイエットは簡単にいえば、決まった食品だけを毎日食べるダイエット方法。

    このダイエットのデメリットは栄養の偏りやバランスが崩れてしまうということ。

    健康的に無理なく痩せるためには先ほど紹介した「緑・赤・黄」の食品をまんべんなく食べる必要があるのです。

    単品ダイエットを続けているともちろん、短期間で痩せることができますが、それは病的な痩せ方で、健康的でスリムな体型とは程遠いスタイルになってしまうでしょう。

    生きていくために必要な筋肉や骨密度も減少してしまうだけではなく、肌や髪の毛のハリにも影響がでてき、リバウンドしやすい体質にもなってしまうので、単品ダイエットのような栄養の摂れないダイエットをするのはおすすめできないと言えるでしょう。

    カロリー重視ダイエットで代謝が低下?

    ダイエット中は口にする食品のカロリーがどうしても気になってしまいますよね?

    普通の食事をする際にカロリーを気にすることはいいことなのですが、最近では若い女性の間で、「食事の代わりにスイーツを食べるダイエット」が人気となっているようなんです。

    もしかしたらあなたもそんなダイエットをしたことがあるのかもしれませんね^^

    しかし、このダイエットも非常に危険。

    一食分をスイーツにすることで確かにカロリーを抑えることができるかもしれませんが、スイーツには肝心なビタミンやミネラル、食物繊維が含まれていません。

    紹介した緑・赤・黄の食品は生きていくため、健康のため、ダイエットのため、美容のためには絶対に欠かせない栄養素です。

    栄養をしっかり摂っていないと、痩せるどころか基礎代謝が低下してしまい、体重の落ちにくいカラダへと変化していってしまいます。

    スイーツを食べることがよくないのではなく、栄養バランスをしっかりと考えた食事をした上でスイーツを食べるようにしましょう。
    スイーツを含めて腹八分目を意識したらバッチリです❤︎

    絶食ダイエットは痩せにくいカラダになる?

    あなたは絶食ダイエットをしたことがありますか?

    簡単にいえば、お腹が空いているけどなにも食べないというダイエット方法です。

    わたし達が普段食べている食事は炭水化物が多いと思います。

    毎日食べていたのに急に食べなくなるとカラダもびっくりしてしまうのは当たり前のことですよね。

    絶食ダイエットは大幅なカロリーカットに繋がるので始めた当初は体重がみるみる落ちていくと思います。

    しかし、そのダイエットを続けてしまうとカラダに栄養が行き渡らなくなり、少しのエネルギーで生きようとエネルギーの消費を少なくしていきます。

    すると、消費カロリーも落ちてしまうので体重が思うように落ちなくなって痩せにくく太りやすい体質になってしまうのです。

    間違ったダイエットを知らない間にしてしまう

    あなたはこれまでどのようなダイエットを行ってきましたか?

    本当に痩せたいと思っている人ならネットでたくさんの方法を検索して実践している人が多いと思います。

    しかし、中には「このダイエットは意味がないの!?」というようなダイエット方法もあるのです。

    効率的なダイエット生活を行う上で知っておいてほしい項目をいくつかご紹介しています。

    ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

    糖質制限ダイエットで便秘になりやすくなる?

    糖質制限ダイエット

    このダイエットは効果的な方法として一時期すごく流行ったと思います。

    ご飯・パン・芋類などの炭水化物に含まれる糖質を食べないようにするだけで、他の食事制限は一切ないというダイエット方法ですね!

    炭水化物は糖質と食物繊維から成り立っているもので、その糖質を体内に入れると血糖値が上がります。

    その上がってしまった血糖値を抑えるためにインシュリンと言う物質が分泌されるのです。

    このインシュリンは糖分を体脂肪に変える働きがあるので、糖質制限ダイエットをすればインシュリンが分泌されることがなくなり、効果的に痩せることができると言われているのです。

    これだけ見れば糖質制限ダイエットのデメリットがないように見えますよね?

    しかし、糖質制限ダイエットをすることで食事の量が減ってしまい、便の材料がカラダに不足してしまいます。

    便の材料が不足してしまうということは排便の回数が減ってしまうので、腸に毒素を溜めている状態が続くということなのです。

    糖質制限で腸内環境が悪化

    腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌」と言う3種類の菌が存在します。

    日和見菌ってあまり聞いたことがないと思いますが、この菌が厄介な存在でもあるんです。

    腸内環境が乱れて悪玉菌が善玉菌よりも優位になった時、日和見菌は悪玉菌の味方をしてしまいます。
    日和見菌は優勢な菌を加担する性質を持っているのです。

    日和見菌と手を組んだ悪玉菌は一気に数を増して毒素やガスを作り、様々な病気を引き起こしてしまうのです。

    逆にいえば、善玉菌を常に優位な状態にしておけば日和見菌は善玉菌の味方になるということなんですよ。

    糖質制限の話に戻りますが、「糖質の摂取量が減少するほど善玉菌が減る」と英国で研究結果が報告されています。

    悪玉菌を増やさないためにも糖質制限ダイエットはほどほどにしておきましょう。

    また、糖質制限ダイエットをすることにより、リバウンドをしやすい体質になってしまうことも考えられます。炭水化物を抜いて痩せると脂肪と同時に筋肉もなくなり基礎代謝も低下してしまいます。

    基礎代謝が低下すると摂取カロリーを消費しにくくなり、余分なカロリーを溜め込むカラダへと変わっていってしまいます。

    健康や美容のことを完全に無視して痩せたい!というのであれば糖質制限ダイエットはいい方法なのかもしれませんが、健康的に痩せたいという人ならばやるべきダイエットではないと考えられます。

    腹筋を頑張るのは意味がない?

    ダイエットするなら運動をする必要がある!

    その中でも腹筋は外せない運動の一つと言っても過言ではありません。

    しかし、その腹筋、実は頑張ってもあまり意味がないということを知っていましたか??

    残念なことに腹筋運動だけでは出てしまったお腹を引っ込ませることができません。

    そもそもお腹が出てきてしまうのはなぜだと思いますか?

    一概には言えませんがお腹が出てきてしまう原因は内臓脂肪が原因がほとんどだと言われています。

    内臓の周りに脂肪がついてしまうのでお腹が出てきてしまうのです。

    妊娠を経験したことがあるという人もいるかと思いますが、お腹が出てしまうのは妊娠と同じ現象なのです。

    と、いうことは、内臓脂肪を減らせることができればお腹の出っ張りを解消することができるのです。

    内臓脂肪を減らさない状態で腹筋をしても表面が鍛えられるだけで根本的な解決にはならないということですね。

    では、内臓脂肪はどのようにしたら減らすことができるのでしょうか?

    内臓脂肪を減らす方法とは?

    内臓脂肪は有酸素運動を行うと効率的に減らすことができるようになります。

    実は腹筋運動ってそこまで効率の良いダイエット方法ではないんです。

    お腹のお肉をなくすためにもっとも効率的な方法は、摂取カロリーを気にしつつ有酸素運動をすることなんです!

    女性は内臓脂肪もですが、女性ホルモンの関係で皮下脂肪もつきやすい傾向にあります。

    皮下脂肪の場合も内臓脂肪と同じように有酸素運動をすることでなくなっていくので、お腹の脂肪を落としたい人は腹筋よりも有酸素運動を行うことをおすすめします。

    ダイエット中の市販の野菜ジュースは意味がない?

    今やスーパーやコンビニに行けば手軽に手に入れることができる野菜ジュース。

    ダイエット中の栄養を気にして野菜ジュースを飲む女性は多いと思います。

    しかし!この市販の野菜ジュース、そんなに意味がないことをご存知でしたか?

    よく野菜ジュースには、「1日分の野菜がこれ1本でとれる」や「緑黄色野菜○gが摂れる」などが書かれています。

    これだけ見ると野菜を直接食べなくても飲むだけで栄養をしっかり摂れると思ってしまいそうですね。

    表示を見るとたくさんの野菜や栄養が書かれていますが、果たしてこの表示通りに栄養が摂れるのでしょうか?

    そもそも野菜は収穫する時期、旬の野菜であるかないかで栄養価が変わってきます。

    「この時期に収穫をした野菜を使っています!」というような指定もない上に年中同じジュースが売られているということは、栄養価が毎回同じでないと考えられるのです。

    野菜がジュースになるまでの工程としては、「野菜を絞る」→「加熱する」→「添加物を加える」など様々なことが行われます。

    長期に渡りこれらの工程を行ってもなお、栄養やビタミンを損なわずにいられるということは到底考えられません。

    そして野菜ジュースにあまり期待できない最大の理由は

  • 「ビタミンB1」や「ビタミンC」は熱に弱い。
  • 「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンK」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミン12」「葉酸」は光に弱い。
  • このようなビタミン類は輸送中や殺菌、加工工程で受ける熱や光の影響でかなり失われてしまっているという可能性があるのです。

    野菜ジュースに表示されている食物繊維はどうなってるの?

    野菜ジュースなどの健康食品には食物繊維が多く含まれている商品がたくさんありますね!

    これらも表記だけ見ると便秘が解消できそうと思ってしまいますが、実は食物繊維に関しても気をつけるべきことがあるのです。

    食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

    水溶性植物繊維

    こんにゃくや寒天、海藻類に含まれているのが水溶性食物繊維で、水に溶けやすい性質を持っています。

    効果に関しては、コレステロール値の上昇を抑えてくれたり、便の水分を保持してお通じをスムーズにしてくれる役割を果たしてくれるのです。

    不溶性食物繊維

    野菜や穀類、豆類、いもなどに含まれているのが不溶性食物繊維で、水に溶けにくい性質を持っています。

    水溶性食物繊維は便の水分を保持してくれるなど、間接的にサポートしてくれるのですが、不溶性食物繊維の場合、便の量を増やしたり、腸を刺激してくれたりと直接的にサポートをしてくれる働きがあるのです。

    さて、では野菜ジュースに含まれているのはどちらの食物繊維なのでしょうか?

    答えは水溶性食物繊維なんですねっ。

    全てのジュースが水溶性食物繊維というわけではありませんが、大半がそうだと考えられるのです。

    なので野菜ジュースに「レタス○個分の食物繊維が摂れる!」と書かれていても水溶性食物繊維なのであまり効果を得られることはないと考えられるのです。

    野菜ジュースを飲むことが悪いことではありませんが、あまり効果を期待せずに軽い気持ちで飲んだ方が良いのかもしれません💧

    空腹感はかえって脂肪を増やしてしまう?

    ダイエットをしているとやはり、食べる量を減らして、「朝ごはんは食べない!」「夜ご飯は食べない!」など、食事制限をする人が多いと思います。

    しかし、これもダイエット中の落とし穴で、空腹感は逆に脂肪を増やしてしまう可能性が高まってしまうのです!

    ダイエットをしてるならやっぱり抜くのは夜ご飯でしょ!
    そう考える人もいますが、正直、夜ご飯を減らしたらその分お腹空きませんか?

    夕食を減らした分、どこかでその食欲を補ってしまうことがありませんか?

    痩せたいからといって安易に夕食を抜かしたり減らしたりするのはよくない考え方なんです!

    それじゃあ、ダイエット中の食事はどんなことに気をつければいいのでしょうか?

    どう食べるのが正解?ダイエット中の食事方法

    ダイエット中でも朝・昼・夜ときっちリ食べている人もいると思います。

    しかし、夜は外食などでカロリーが高めの食事になってしまいがち…。

    だいたいの人が朝→昼→夜とカロリーがどんどん増えていくのはないでしょうか?

    この食べ方だと夜はもう寝るだけになってしまうので、どうしても太りやすくなってしまいます。

    理想の食べ方と言われているのが、朝→昼→夜の順番にカロリーが減る逆ピラミッド型!

    朝と昼に多めにカロリーを摂ったとしても、寝る前にそれらのカロリーを全て使い切ってしまうので脂肪になりにくいと言われています。

    しかし、「朝はあまり食べる気がしない」という人が結構いるようで、この逆ピラミッド型は苦痛と感じるのもわからなくはありません。

    そんな時はお昼ご飯のボリュームを多くするダイヤモンド型にしてみてください。

    お昼ご飯にカロリーを多くとっても夜までには消化されるし、たくさん食べることで間食をしなくなります。

    お昼ご飯をたくさん食べることで、夜ご飯も少なくてすむでしょう。

    自分のライフスタイルにあった食生活をすることで、無理なくダイエットを成功させることができるのです。

    太ってしまう人の特徴とは?

    ダイエットをずっと頑張っているのにどうしても太ってしまう…。

    どうしてもそういう体質の人っていると思います。

    その原因はあなたが気がつかないうちに行ってしまっている行動にあるのかもしれません。

    太ってしまう人の特徴を幾つかの項目でまとめているので、あなたがもし1つでも当てはまるのであれば改善していく必要があるのかもしれませんね^^

    ストレスを感じやすい人

    あなたはストレスを感じやすい体質ですか?

    もしストレスを感じやすい体質ならば、痩せにくいと感じてしまうのはストレスが原因なのかもしれません!

    先ほど、糖質制限ダイエットで便秘をしてしまうと痩せにくい体質になってしまうと説明をしましたが、実は、便秘になってしまう原因はストレスでも考えられるのです。

    腸は「第二の脳」と言われているほど、重要な役割を果たします。

    腸には神経細胞が多く密集していて、脳とコミュニケーションをとる役割も果たしてくれているのです。

    わたし達のカラダには、「交感神経」と「副交感神経」からできている自律神経が存在します。

    活動的にしてくれるのが交感神経で、リラックスをさせてくれるのが副交感神経。

    この2つの神経はバランスよくしていないといけないのですが、どちらかといえば交感神経が少し強くできています。

    しかし、現代に生きているわたし達は毎日ストレスと戦いながら日々生活をしているので、2つの神経をバランスよくキープするのが難しくなってきているのです。

    交感神経が強すぎてしまうとイライラしやすくなったり、ストレスを感じやすくなったりし、余計に交感神経を高めてしまうのです。

    ここで注目しておきたいことが、自律神経と腸はかなりの関わりがあるということ。

    ストレスが高まり自律神経が乱れてしまうと、同時に腸も乱れを起こしてしまうのです!

    腸内環境を整えると全てがうまくいく?

    上記で説明したように腸と脳は非常に近い関係なので、あなたがストレスを感じてしまうと、腸内環境が乱れて、便秘がちになったり様々な病気を引き起こしてしまうことがあるのです。

    心の安定や睡眠の調節、食欲の制御や消化・吸収などの機能に関わってくる神経伝達物質「セロトニン」。

    このセロトニンは95%が腸内で作られていて、直接脳に働きかけるのです。

    ストレスを感じやすい人は腸に影響が出て、腸内環境が悪い人はストレスなど、神経の不調を感じてしまいます。

    つまり、腸内環境を整えることで、ストレスを感じにくい体質になり、便秘解消=ダイエットに繋がるということなのです!

    腸内環境を整えるには乳製品や野菜、果物をたっぷりと摂る必要があるのです。

    毎日続けるとあなたのカラダもストレスを感じにくい体質へと変化させることができるでしょう。

    生理前に食べすぎる人

    生理前に食欲が湧いてついつい食べ過ぎてしまうという女性はかなり多いのではないでしょうか?

    わたしもそのうちの一人。

    毎月生理前2週間から食欲が増して甘いものやご飯をたくさん食べてしまいます。

    そして食べた後に後悔をしてしまうんですよね💧

    生理前、お腹が空いていないのに食欲が増してしまう原因は、女性ホルモンのプロゲステロンの作用が働いているからと考えられます。

    女性のカラダは受胎に備えて生理前2週間からプロゲステロンの分泌が増え始めます。

    プロゲステロンには赤ちゃんを育てるための子宮内の環境をよくしようと食欲を増加させる効果があるのです。

    そして、水分をカラダに溜め込む性質もあるので生理前には体重が増えてしまったりむくんでしまったり、大腸の働きを低下させるので便秘になりやすいカラダになってしまいます。

    とても必要なホルモンなのですが、ダイエット中には少し厄介な存在なのかもしれません。

    このようにプロゲステロンが働いている以上、ダイエットをしてもあまり痩せないという現象が起こってしまうのです。

    しかし、生理が終わ流とプロゲステロンの働きが抑えられ、今度はエストロゲンの分泌が活発になるので中性脂肪や血中コレステロール値を下げてくれるようになりますよ^^

    生理前はあまり神経質にならないで、普段通りのダイエットを行っておきましょう!

    生理が終わればもとどおりのカラダになるので、やけ食いをするなどは絶対にやめましょうね(笑)

    生理のサイクルを知っておくと痩せやすい時期がわかる!

    女性のカラダには3つのサイクルが存在します。

  • サイクル1:生理期間中
  • サイクル2:生理終了後〜排卵日
  • サイクル3:排卵後〜生理前
  • 一番痩せやすいのがサイクル2の生理終了後〜排卵日。
    一番痩せにくいのがサイクル3の排卵後〜生理前。

    この3つのサイクルを把握しておくことでいつ痩せやすいのかがわかるようになるので、そんなにダイエットに関して神経質になることはなくなると思います。

    サイクル2の時にしっかりと運動と食事に心がけておきましょう。

    痩せにくいサイクル3の時期はリラックスしながらカラダをいたわってあげることが重要です❤︎

    そして、もし、生理前に食事をきっちりとってもお腹が空いてしまう場合は、80キロカロリーくらいの間食をしてもOKです!

    その際は玄米やサツマイモなど、腹持ちがよく、食物繊維たっぷりの食品を選ぶようにしましょうね!

    疲れると甘いものを食べちゃう人

    仕事や家事で疲れてしまうとどうしても「甘いものが食べたいっ!」と感じちゃいますよね?

    そして今日だけは…と言う気持ちでついつい甘いものに手が伸びてしまうのです。。

    なぜ疲れた時に甘いものを食べたくなってしまうのか。それは脳内のホルモンと関係があるからなんです!

    脳内のホルモン、「ベンゾジアゼピン」や「セロトニン」には不安を鎮めてくれたり、気持ちを落ち着かせてくれるなどの働きがあります。

    このホルモンは糖類を摂取することで上昇するようにできているのです。

    疲れた時に甘いものが食べたくなるのはこれらのホルモンの濃度を上げて安定させるためにカラダが無意識に甘いものを欲するようにできているからなんです。

    脳に必要な糖質はどのくらい?

    脳は1分間に約100mgのブドウ糖を消費していると言われています。

    1日だと約144g!板チョコ1/2、バナナ1.5本分!

    なかなか消費していますよね。

    もしもこの糖がなくなってしまうと、肝臓にあるグリコーゲンをブドウ糖に分解して補うようにしていますが、だいたい10時間でなくなってしまい、次は筋肉のタンパク質をブドウ糖へと分解させてしまいます。

    筋肉はわたし達のカラダに必要な存在ですが、そんな重要な筋肉を削ってまで脳を守るようにカラダはできているのです。

    なので、甘いものを食べたい!という感情が出てしまうのはしょうがないことなのです。

    むしろ全く食べないというのは不可能に近いこと。

    しかし、食べるにしてもあなたなりのルールを決めてから食べた方がダイエットを効率的に行えそうな気がしませんか(^^)?

    甘いものを食べる時のマイルール🍰

    マイルール1:食べる時間を決めておこう


    あなたはいつもおやつを食べる時間は決めていますか?

    特にデスクワークをしている人で好きな時におやつを食べれるのであれば要注意⚠️

    仕事をしながらおやつをだらだらと食べていると気がつかないうちに食べ過ぎてしまっている場合があります。

    そのだらだら食べを防ぐためにもきまった時間に食べるように心がけましょう。

    マイルール2:おやつを食べる場所を決めておく


    デスクワークの人要必見!!

    おやつはデスクで食べずに、別の場所で食べるようにしましょう。

    少し離れている場所で。

    少し行くのが面倒だなと思う場所で食べるということを決めておくと、めんどくさくなって食べ過ぎるのを防ぐことができるできると思いますよ!

    口寂しくて間食をしてしまう人

    今日は食べ過ぎたなー!

    そんな日ってありませんか?

    世に言う食べ過ぎるとは1日に必要な摂取カロリーを上回るほどのカロリーを摂ってしまうことをいうのです。

    食事の量はそれほど多いわけではないのになぜか太ってしまいます…。

    食事の量が少なくても間食をたくさんしてしまえば1日の摂取カロリーを超えてしまうのでそれは食べすぎになるのです。

    確かになんとなく口寂しいと思う日もありますよね。
    カロリーは十分に足りているのに、なにか口に入れないと気がすまない。

    そんな口寂しさからくる空腹、それはまやかしの空腹感なんです。

    だいたい口寂しいなと思う感覚は5分経ったら自然となくなっていくもの。

    その5分をどうやって過ごすかが問題になるのです。

    口寂しい気持ちをどう乗り切る?4つのおすすめ方法

    おすすめ方法1:とりあえず深呼吸


    ストレスを感じてしまうとやはり甘いものなどを食べて発散しようとします。

    仕事中でストレスを感じてなにかを食べたくなってしまったらとりあえずカラダを動かしてみましょう!

    座りっぱなしはストレスも溜まるし、血流も悪くなってしまいますからね!

    できる人は空を見上げて深呼吸!思った以上にすっきりとした気持ちになることができますよ♪

    おすすめ方法2:心がほっとする人とお話をする


    人と会話をするのってすごく楽しいですよね!

    それに食欲も紛らわすことができます。

    心がほっとする相手とお話をすることで5分間をやり過ごすのもいいかもしれませんよ。

    おすすめ方法3:ノンシュガーのガムを噛む


    噛むという行動をしたいのであればノンシュガーのガムがおすすめです!

    ガムを噛むことでリラックスすることができ、カロリーを気にしなくてすみます。

    1日中噛むのはあまりよくないですが、たまには大丈夫でしょう♪

    おすすめ方法4:間食を80Kcalで抑える


    極端にダイエットをするのはあまりよくないことですが、カロリー制限のダイエットをしている場合、脳が栄養を欲しがっているのかもしれません。

    なので、ちょっとの小腹を抑える80Kcal程度の間食を摂るのはOKにしちゃいましょう!

    無理なダイエットはカラダにも悪いし、リバウンドをしてしまう可能性もあるので、無理をしない程度に頑張りましょう!

    早食いをしてしまう人

    こどもの頃から「早食いはカラダによくない!」「もっとゆっくり食べなさい!」と言われてきたから早食いがダメなことはわかっている。

    でも、やっぱり社会人になると、早く食べないと仕事の時間がなくなってしまったり、忙し合間の時間にダッシュで食べるなんてよくある話なんですよね。

    でもやっぱり早食いは良くなくて、早食い=肥満の原因になってしまうのです。

    人間が満腹と感じるまでには食べ始めてから15分〜20分と言われています。

    しかし、早食いをしてしまう人はお腹がいっぱいと感じるまでに食事を終わってしまうので、まだ食べれると思ってついつい食べ過ぎてしまうのです。

    早食いが習慣になっている人は結構多くいて、噛まずに飲むように食べる人もいるとか…。

    よく噛んで食べるということはいつもよりも時間をかけて食事をすることになりますよね?

    ゆっくり食べることで満腹のラインを逃すことがなくなるのです。

    20分間ゆっくりと噛んで食事をすることで腹八分目でも満腹感を感じることができるはずです♪

    仕事が忙しい人もたくさんの量を早く食べきってしまう習慣をやめて、少ない時間でそこそこの量を食べるような食事にしてみませんか?^^

    頑張らないダイエットはすぐに効果を期待しない!続けることが大切

    頑張らないダイエットはすぐに効果を実感できるものではありません。

    毎日地道に無理なく頑張ることなく続けることで徐々にダイエット効果を期待することができるのです。

    頑張らないダイエットの一番の目的は少しずつ太りにくい体質を作っていくということ。

    焦らず、カラダの内側から、そして日常的に無理なく痩せていくのが目的なのです。

    一度太りにくい体質をつくってしまえば、ちょっとやそっとじゃ太らなくなってくるので、気長に頑張らないで続けていきましょうね!

    頑張らないダイエットの基本方法について

    頑張らないダイエットはとりあえず頑張らなくていいのか!

    とういうことではありません(笑)

    もちろんこれまで通りにダイエットをする必要がありますが、気持ちに余裕を持って行いましょうということです。

    頑張らないダイエットの方法は下記で説明していますので、ぜひ、参考にしてくださいね!

    食事

    ダイエットをする際にもっとも気をつけるべきことが食事。

    頑張らないダイエットの食事方法はどうしたらいいのでしょうか?

    低糖質ダイエットに挑戦してみよう!

    わたし達現代人が太ってしまう最大の理由はカラダを動かすために必要な「炭水化物」や「脂質」を多く取りすぎているからだと考えられます。

    しかし、それをわかっていながら、もしくは気がついていない状態でたくさん食べ過ぎてしまっているのがわたし達の現状です。

    使うエネルギーよりも摂るエネルギーの方が多かったらそれは太ってしまいますよね?

    なのでこの状況を打破するためには食事を低糖質に切り替える必要があるのです!

    しかし、【話題の頑張らない脳ダイエットってなに?】でもお伝えした通り、極端に糖質を摂らないのはカラダにもしようが出てきてしまう可能性があるので、無理をしない程度に行いましょう。

    わたし達女性にとって糖質を減らすということはなかなかのストレスになり、成功してもリバウンドをしてしまう可能性があるのです。

    そんなことにならないための低糖質ダイエットがこれっ↓↓

    夜ご飯を低糖質にしてみよう!

    1日全ての食事を低糖質にしてしまうとやはり、ストレスが溜まってしまうので、夜ご飯だけを低糖質にしてみましょう!

    朝と昼は低糖質じゃだめ?
  • 朝食を低糖質にしてしまうと体温が上がらなくなるので問題です。そして、脳に糖質を供給しないとシャキッとする事ができなきなります。なので、朝食の低糖質は❌
  • 昼食はお腹が空いていない場合は炭水化物を抜いてもOKです。お腹が空いているのであれば抜く必要はありません。しっかり食べて午後の活動に備えないといけないので昼食は❌
  • 上記のような理由から、朝と昼は低糖質にするのは避けるべきだと考えられます。

    しかし、夜の場合はどうでしょう?

    夜は食べたらもうあとは寝るだけですよね?つまりその日のガソリンはもう入れる必要がないということなんです。

    ダイエットを成功させたいという人はまずは、夜ご飯の糖質を抜いてみましょう!

    もちろん頑張らないダイエットなのでいきなりとは言いません。徐々に量を少なくしていくことで夜ご飯に糖質がない状況が習慣となっていくと思いますよ♪

    糖質を減らした分、野菜を少し多めにしてみるなど、あなたなりの工夫をしていきましょう!

    睡眠

    睡眠が短いと太りやすくなるというお話を聞いたことはありますか?

    いくつもの研究機関が睡眠不足と肥満の関係性を明らかにしており、睡眠不足はダイエットの敵ということがわかってきたのです。

  • コロンビア大学の調査結果・・・通常8時間〜9時間の睡眠をとる人と、4時間以下しか睡眠をとらない人を比べると、睡眠をとらない人の78%が肥満になりやすいということがわかりました。
  • スタンフォード大学の調査結果・・・8時間以下の睡眠しかとらない人の中で、睡眠時間が短い人ほど肥満度が上昇するということがわかりました。
  • 米国メイヨー・クリニックの調査結果・・・睡眠時間を無理やり2/3にカットされたら、通常の睡眠時間に比べて、1日の摂取カロリーが549キロカロリーも上昇するということがわかりました。
  • なぜ人間は睡眠不足になると太りやすくなってしまうのか、それは食欲亢進物質である「グレリン」が増加して、食欲抑制物質である「レプチン」が減少してしまうからなんです。

    寝ている時、わたし達は副交感神経が優位になります。
    すると血管が広がり血液をスムーズに流してココロもカラダもリラックスすることができるのです。

    そして、脳を休ませることで呼吸や脈拍が緩やかになり血圧が下がる。

    眠るということはココロとカラダをリセットさせること、睡眠不足の人は脳のリセットがうまくいかず疲労やストレス解消ができなくなってしまうのです。

    睡眠不足になる=食欲をわかせる

    ダイエット中はいつもよりも1時間〜2時間長く眠るように心がけましょう!

    睡眠不足を解消することでカラダの代謝がよくなって老廃物を排出しやすくなるでしょう。
    ぐっすりと寝ることで成長ホルモンが分泌されて脂肪燃焼の効果も期待できますよ!

    腸内環境を整える

    あなたの腸内環境はいま整っていますか?毎日排便はされていますか?

    腸内環境を整えることはダイエットにも深く関わってきます。

    そもそもわたし達のココロとカラダは腸内環境が左右していると言っても過言ではないのです。

    腸の役割といえば、消化や吸収をして、便をつくる場所と考えている人が多いようなのですが、実は、腸はあなたのカラダに流れてる血液の質を決める役割も果たしているのです。

    腸内環境が整っていないと血液はドロドロに。腸内環境が整っているとサラサラの血液をつくることができるのです。

    サラサラの血液をつくることができれば、「肌がキレイになる」「疲れにくくなる」「むくみがなくなる」「肩こりや頭痛がなくなる」などにも繋がってくるのです。

    そして、腸の働きがよくなれば、腸内で吸収した栄養素が全身の細胞に行き渡り代謝アップし、全身がすっきりと軽くなりますよ♪

    腸に溜まっている老廃物をしっかり出すことで、ぽっこりお腹もすっかりと改善することができるでしょう。

    では、腸内環境を整えるためにはどのようなことに気を使えばいいのでしょうか?

    下記では腸内をキレイにする食べ物やストレッチについて消化いしています。

    便秘が続いているという人はぜひ、参考にしてみてくださいね❤︎

    腸内をキレイにする食べ物について

    朝食は自律神経のスイッチを押すという役割を果たしてくれます。

    食事を朝摂ることで、休憩中の副交感神経を優位な状態から朝の活動モードに切り替えてくれるのです。

    自律神経を整えることで、腸の活動が活発になり、朝からすっきりと排便をすることができますよ。

    ここでは、排便を促してくれる朝食をご紹介していきます!

    簡単につくることができるメニューばかりなので忙しい朝でもらくらくですよ❤︎

    大根おろし+ヨーグルト

    乳酸菌を多く含んでいるヨーグルトに水溶性の食物繊維が豊富な大根おろしを加えることで整腸作用を期待できます。

    材料

  • ヨーグルト・・・200g
  • 大根おろし・・・おさじ2杯
  • はちみつ・・・大さじ2杯
  • 作り方

  • ①大根を大根おろしですり下ろします。
  • ②ヨーグルトを器に入れ、その上からすり下ろした大根をのせます。
  • ③はちみつを上からかければ完成です!
  • たっぷりきのこのサラダ

    このサラダの特徴は、腸の働きを活発にしてくれる「アマニ油」を使用していること!

    アマニ油は水溶性・不溶性の食物繊維がバランスよく含まれており、αリノレン酸という成分は腸内で潤滑油となって蓄積する便を排出させる働きがあります。
    サラダの具材にこだわりはありませんが、きのこを加えることでより、整腸作用を期待できます。

    材料
    しめじ・・・1/2パック
    まいたけ・・・1/3パック
    キャベツ・・・1枚
    にんじん10/1本
    ブロッコリースプラウト・・・15g
    アマニ油・・・適量

    作り方
    ①しめじとまいたけは石づきをとって、小房にわけます。フライパンにきのこを入れて、ふたをし、強火にかけ、焼き色がつくまで蒸し焼きにしていきましょう。
    ②キャベツとにんじんは千切りにし、ブロッコリースプラウトは根元を切り落とします。
    ③ ②を器に盛り付けて、①をのせ、アマニ油をかけましょう。

    グラノーラヨーグルト



    ヨーグルトの乳酸菌と、ミネラルが豊富に含まれているグラノーラを一緒に食べることで、腸の働きを活性化
    させることができます。

    食物繊維がたっぷりのドライフルーツやオリゴ糖がたっぷりなはちみつをかけて食べることで整腸作用にも効果がありますよ。

    材料

  • ヨーグルト(プレーン)・・・適量
  • グラノーラ・・・適量
  • ナッツ・・・適量
  • ドライフルーツ・・・適量
  • はちみつ・・・適量
  • 作り方
    ①器にヨーグルトを入れます。
    ②ナッツを食べやすい大きさに刻みましょう。
    ③ヨーグルトの上にグラノーラと刻んでいたナッツ、トライフルーツを好きな量のせて、はちみつをかけます。

    かぼちゃとカブのホットスムージー生姜風味

    カラダが冷えてしまうと腸の働きが鈍くなってしまいます。
    寒い日の朝食にはカラダを温めてくれるスープがおすすめ!生姜には腸の結構を高めてくれるだけではなく、ぜんどう運動を活発にする働きもあります。
    かぼちゃに含まれているビタミンEは結構をよくする働きがあるので、手足が冷える症状を和らげてくれますよ。

    材料

  • かぼちゃ・・・80g
  • カブ・・・1個
  • 生姜・・・10g
  • 水・・・1/2カップ
  • 顆粒コンソメ・・・小さじ1
  • 豆乳・・・1/4カップ
  • オリーブオイル・・・適量
  • 塩・コショウ・・・適量
  • 作り方
    ①かぼちゃは種を覗いて一口大に切って皮をむいておきます。カブは皮をむいてくし形にし、生姜は薄切りにしておきましょう。
    ②鍋に①と水、顆粒コンソメを入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にかけて柔らかくなるまで煮て粗熱をとります。
    ③ミキサーに移してなめらかになるまでかき混ぜる。鍋に戻して豆乳を入れ、塩とコショウをし、中火で温めます。
    ④最後にオリーブオイルをまわしかければ完成です。

    腸活ストレッチについて

    腸を刺激をすることでスムーズな排便を目指すことができます。

    そこで、自律神経のバランスを整えるトレーニングと腸に刺激を与えてぜんどう運動を促すトレーニングを紹介していきます。

    どのタイミングで行っても良いのですが、朝やることでより効果を得ることができるので、なるべく毎朝するように心がけましょう!

    ベッドの上でできるぜんどう運動

    朝起きたらそのままベッドの上で「全身のばし」と「逆さ自転車こぎ」を行いましょう。

    どちらの運動も適度な刺激が腸に届くので快適なお通じを促すことができますよ。

    逆さ自転車こぎ運動


    ①腰から背中のあたりを量てでしっかりと支え、両足を空中に高く持ち上げるようにします。
    ②足を高く引き上げて、自転車のペダルを踏むように、片足ずつゆっくりと大きく回転させましょう。
    ③30秒ずつ行うのがだいたいの目安です。

    全身のばし


    ①両腕を上にのばして、頭の上で手のひらを合わせて息を吸いながら、全身をぐーっとのばします。
    ②手を合わせるのが難しい人は、手首をクロスさせてもOK!
    ③ひじが曲がっているとカラダが気持ち良くのびないのでしっかりとのばしていきましょう。

    トイレのお供にたったの5分でできる運動

    トイレに行っても「なんとなく出にくいな・・・」と感じることってないですか?

    そんな時はトイレの中で腸と肛門を刺激するポーズをしてみましょう!
    たまり気味の便がす〜っと出るようになりますよ!

    足首交互タッチ


    ①便座に浅く腰をかけます。そして、肩幅に足を開きましょう。
    ②左手で右足のくるぶしにタッチ!右手は頭の上に高く引き上げて、カラダを大きく右側にひねります。
    ③上記の体制を10秒間キープしましょう。
    ④次に右手で左足のくるぶしをタッチ!左手は頭の上に伸ばしてカラダを左側へ大きくひねります。
    ⑤ひねる際に腸に刺激を与えることで、詰まっていた便が下りてきます。この運動を左右10回ずつ行いましょう。

    お尻スライド


    お尻スライドはカラダを前後に動かすことで、直腸に溜まった便を下ろすことが可能!

    「あと少しで出そうなのになー」という時にぴったりな運動なのです。

    ①お尻を後ろにつk出すようにして深く座ります。便座を手で押さえて、カラダを安定させるようにしましょう。
    ※出ないと焦ったりイライラすると自律神経が乱れてしまうのでリラックスして行うことが重要です。
    ②そのままの状態をキープして、腰を前に突き出すようにして、お尻を少しう浮かせます。
    ③そのまま5〜10秒キープそて10回繰り返すようにしましょう。

    栄養補給が最も大切

    ダイエット中は体内に不足しがちな栄養をバランス良く補給することが必要。

    摂取カロリーを減らせばダイエットに成功するというものではなく、むしろ極端に食事の摂取量を減らしてしまうと、栄養不足や便秘を引き起こす原因となります。


    スムージーダイエットなら、ほうれん草やにんじん、小松菜、セロリなどふだんはあまり食べないような野菜でも、手軽に摂取することができます。

    毎日の食生活にスムージーをプラスするだけで、ベータカロテンやビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、カルシウムや鉄分、葉酸などの栄養素をバランス良く補給することができます。

    ただし、スムージーの材料が野菜だけだとちょっと飲みづらいですよね。

    そこで、キウイやパイナップル、りんご、バナナなどお好みでフルーツをプラスすると、とってもおいしくて飲みやすくなります。


    飲むだけのスムージーダイエット

    スムージーダイエットを試してみたことはありますか?

    スムージーは野菜と果物の栄養がたっぷり含まれた飲み物ですから、ダイエット中に不足しがちなビタミンとミネラル、食物繊維などの栄養素を十分に補給することができます。

    ダイエット食品やサプリメントだと価格が高くて長く続けるのが大変。

    しかしスムージーなら、原材料は野菜と果物だけですから、コストパフォーマンスが⭕️

    毎日飲むだけで良いので、誰でも簡単に続けられますよ。

    スムージーで頑張らないダイエットを!

    スムージーは、1日あたりどれくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか。

    コップ1杯~2杯分(200cc~400cc)くらいの量を摂取すれば十分だと考えて良いでしょう。

    野菜や果物には、食物繊維が多く含まれているので、これくらいの量を摂取すれば、十分に満腹感が得られることと思います。

    1食置き換えダイエットとしてもスムージーは、根強い人気があります。

    野菜と果物夜来の食物酵素が豊富に含まれているので、1食置き換えダイエットをするなら、朝がおすすめです。

    野菜や果物には糖質も含まれているので、朝はしっかり糖質を摂取して、1日の活力をつけるために、エネルギーをしっかり蓄えておきましょう。

    スムージーにはいろんなレシピがありますので、毎日同じものだと飽きてしまうことがないように、スムージーレシピ本を一冊揃えておいて、野菜と果物の組み合わせをいろいろ変えてみて、バリーションを楽しんではいかがでしょうか。

    自宅でスムージーを作るなら、ミキサーやジューサーなどの調理器具が1台あれば、サッと簡単!スピーディーにおいしいスムージーを作ることができるので、持っておくと快適なダイエットライフが楽しめることと思います。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    The following two tabs change content below.
    nao

    nao

    naoと申します。「ダイエットは年中しています!」というあなたや「ダイエットをこれまでしたことがない!」というあなたのサポートをしていきます!私自身も昔は太っていましたが今ではその頃の体型が嘘みたいに痩せることができました。その体験も生かしてみなさまに情報をお伝えしていければと思います!